outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

弓なり月

まちゆくひと

弓なり月
涼しい光 

弓なり月
空をまとう音

乾いた風
街を走り
人にからみ
葉を散らし舞う。

私は椅子に腰かけて
何か思う顔で
何も考えていない。

何を悩むべきかも忘れて
ただ、進む人の足元をながめる。

つられるように立ち上がり
あやつられるように 一歩。

家に帰ろう。

弓なり月
傾きそうに
空の間に
ただ、ぽつり。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



スポンサーサイト
Posted by sao   0 comments

雨とあじさいと、それからあたし


あじさいとおんなのこ

ほらみて!
きれいなあじさいが。
まりの様な紫陽花が。
あめはまだ降らないのかと
ゆれたよ。

あたしは
ふってほしくないと答えたの。
だって髪の毛
くるんくるんになるし
お気に入りのクツも乾かない。

あたしは梅雨の晴れ間が恋しい。

でもあじさいは
雨が恋しいみたい。

そこは気が合わないけれど、
空が好きだというのは一緒ね。

だからあたしは
あじさいが好き。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

Posted by sao   0 comments

あいたかったな

あいたかったな


あいたかったな。
あいたかったな。

わたしが翼を持っていたなら
あなたのもとに
行けたのに・・・。

あえなかった。
伝えられなかった。
胸一杯にあふれる想い。

でもわたしは
あなたに言えなかった
『ありがとう』を
心の中で育んで、
大きな優しい心にすると
命にかけて誓います。



にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ




Posted by sao   0 comments

まどのそと

まどのそと

まどのそとを みている。
なにが みえてる?
あおいそらと 屋根と
みえない 星と。

くやしなみだ きえた。
どこに きえた?
かわききった こころに
染みて 芽がでた。

おもいどおりに いかない。
みらいなんて なにも見えない。

四角く 切りとられた そらの色。
あなたも見ている?

わたしだけに ゆるされた
とくべつな 時間。
無駄なものなんて なにもない、
こころの たからもの。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ  


********アート大賞について********
『outside my window**』は10月1日~10月末日まで『アルファポリス アート大賞』にエントリーしています。
ワタシの写真詩を好きだなと思ってくださる方がいましたら、どうぞ応援してください。
詳しくはこちらをご覧ください→◆アート大賞について◆
どうぞよろしくお願いします!o(*_ _)oペコッ



Posted by sao   0 comments

春空マーチ

はるいろおそら

歩きはじめは 重いのに
春の風が 香りが 色が
足取りを軽くするよ。

ちっちゃかったあの子が
中学校に上がるって!

地面を蹴とばし蹴飛ばし
ふくれっつらで歩いたあの子も
新たな一歩を
踏み出したって!

春の風は 一押し、二押し、
大きく背中を押してくれる。
「いつまで ボンヤリしてるんだ?
向こうは明るい場所だよ。」と。

春空の下を
進め!進め!
転んでも 立ち上がれるから。
躓くことを恐れずに
空を見あげて 歩こうよ!


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。