outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

冬の樹

いろあせた

冬の樹は、
静かに目を閉じている。

赤く染まった葉を落とし、
その葉も今は 色あせて、
華やかだった秋の木の
名残は今はないけれど。

冬のやさしい陽光の
恵みを 両腕いっぱいに
うけとりながら うとうとと
体を休めているのでしょう。

冬の樹は、
いつも耳を澄ましてる。
冬が去っていく音を
一時も聞き逃さぬよう。

春に生まれる 若い芽を
冷たく厳しく吹き付ける
風から守っているのでしょう。

私も 今は眠ってる。
眠っているけど 生きている。
冬の木を見上げ
トクトクと
心の音が響きます。

ふゆのき

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。