outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

やすめ

ひまわり

歩くのに つかれた。
立ち止まろうか。
首のおもさにたえられず、
下を向く ひまわりのように。

つかれたと言ったら、
よわくなりそう。
ことばの持つ力は
とても つよいから。

人の体は上を
見つづけるように できてはいない。
うつくしい花は 木だけでなく
地にも咲くでしょ?

しゃがみこんだときには、
空のたかさを知る。
まだ、とべる場所はある。

空は ひろいから。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
********アート大賞について********
『outside my window**』は10月1日~10月末日まで『アルファポリス アート大賞』にエントリーしています。
ワタシの写真詩を好きだなと思ってくださる方がいましたら、どうぞ応援してください。
詳しくはこちらをご覧ください→◆アート大賞について◆どうぞよろしくお願いします!o(*_ _)oペコッ

こんにちは。
outside my window**を見ていただき、ありがとうございます!
アート大賞の投票、拍手、あたたかいコメント、ランキングの応援などしてくださった方々、ありがとうございます!いっぱい元気をいただいています。(*´▽`*)

今日の写真詩は、2009年10月19日に撮影した小さな向日葵の写真と、2011年9月に書いた新しい詩です。
近々、大きな挑戦を控えているのに『やすめ』という詩をUpです。(笑)
昨年や震災後は体調が良かったのですが(がんばらなきゃ!って頑張りすぎたんでしょうね。)そこから一転、5月の終わりから10月つい数日前まで、心も体もかなり低調でした。
人生に疲れきってしまっていたし、無気力感、不安、恐怖、辛い記憶など色々なものと向き合い闘っていました。
そんな時に生まれた詩です。
最初から最後まで一気に書き上げました。
ベッドに寝ころんで逆さに見た空が、すっごく高く見えたんです。
その後ふと気づくと、『病気と向き合うのは疲れた。やめてしまいたい。』という感情は少し消えていました。
不思議ですね。

上を向いていた方が良い事も多いけれど、いつも上を向いてなくてもいいんだよね。
という詩です。

大きな向日葵が近所にはないのが少し残念です。
大きな向日葵の写真が撮りたい!

明日が、皆さんにとってもワタシにとっても良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。