outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

「あそぼ」

「あそぼ」

わたしも あの輪に
入りたい。

ほんの数秒
目を閉じて。
言えてしまえば、何でもない。

なのに 
わたしの声は 喉の奥。
ガタガタ震えて
出てこない。

その ちいさな ちいさな
言えない一言。
いつまで隠れて
いるのだろう。

出ておいで。
一緒に、あそぼ。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ  




久しぶりに、過去に書いた詩を載せたいと思います。
2010年の1月の終わりに近くの大きな公園で撮った写真と、それを見ながら2月に書いた詩です。

詩は、消極的というか・・人見知りな子のお話です。
声をかけたいのに、なかなかかけれない。声が出ない。
ジャングルジムの後ろに隠れて、困っているイメージです。

「あそぼ」だけではなく、大人になってからも言えない一言ってありますよね。
「友達になろう!」とか「好き」なんてストレートな言葉、大人になればなるほど言いにくくなるのかなとも思います。
子供の頃に簡単だったことが、大人になると難しくなる。
大人になれば何でもできるようになるってわけじゃないんだなぁ。
人間は複雑ですね。おもしろい♪

明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。