outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

まどのそと

まどのそと

まどのそとを みている。
なにが みえてる?
あおいそらと 屋根と
みえない 星と。

くやしなみだ きえた。
どこに きえた?
かわききった こころに
染みて 芽がでた。

おもいどおりに いかない。
みらいなんて なにも見えない。

四角く 切りとられた そらの色。
あなたも見ている?

わたしだけに ゆるされた
とくべつな 時間。
無駄なものなんて なにもない、
こころの たからもの。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ  


********アート大賞について********
『outside my window**』は10月1日~10月末日まで『アルファポリス アート大賞』にエントリーしています。
ワタシの写真詩を好きだなと思ってくださる方がいましたら、どうぞ応援してください。
詳しくはこちらをご覧ください→◆アート大賞について◆
どうぞよろしくお願いします!o(*_ _)oペコッ




大変大変、お久しぶりです!!
お元気ですか??
5月に悲しいことが立て続けに3件おこり、心を閉ざしてしまい、再び外出もできなくなり、写真を撮ることも、ブログを更新することもできなくなってしまいました。
でも、少しずつ元気になってきましたよ。(*´▽`*)v

今日の写真詩は、ワタシ自身の事を書いた詩と2011年10月4日に撮ったパソコンデスクのそばの窓から見える空の写真です。

極度のストレスにより失った記憶を思い出してしまったことで外出恐怖症(ひきこもり)になってしまって8年、脱ひきこもりをめざし自力で外出トレーニングをはじめて5年。
今年5月に、元気な姿を一番見せたかった祖母と伯母が立て続けにこの世を去ってしまい、再び心を閉ざしてしまって約5ヶ月。
病でこもっている気持ちや様子を書いた詩です。
出た芽は、憎しみかもしれない、悲しみかもしれない。
でも育てて行くうちに、少しずつ幸せな芽になっていくといいなと思います。
病気になったからこそ、見えた物、気づけた物、絆、過ごせた大切な時間。
病気で引きこもった時間は、ワタシにとって悲しい欠点であり、そして最高の宝物でもあります。

ことば
ある方にいただいた、大切な大切な言葉です。
これもワタシの宝物。

良い一日を!!(´▽`)ノ

カメラ撮影機種

OLYMPUS CAMEDIA SP-560UZ(コンパクトデジカメ)


あし別館

◆写真ブログ『わたしが、見たもの』
 http://ameblo.jp/cantando/

◆ツイッター
 https://twitter.com/saya_sao

◆心の病の闘病記録『窓のそと』
 http://peaceful-days.seesaa.net/
小さなしあわせ訪れますように


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。