outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

きみをまつ

君を待つ 帰り道


さむいはず
なのに
かんじないんだな。

なぜだろう。
きみを待つ、かえり道。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ  




こんにちは。
本日の写真詩は、2013年2月に書いた詩と2012年11月の終わりに野火止平林寺に紅葉を見に行った帰りに最寄駅で撮った写真です。

詩は、短歌と同じ31音です。
寒いのに、コートも手袋もマフラーもつけず、柱に寄りかかりながら携帯を見つめる高校生。
なんかポーズも可愛らしくて。
彼女でも待っているのかな?なんて勝手に想像してしまいました。(〃▽〃)ポッ
きゃぁー。良いなぁ。良いなぁ。こういうの!(一人で興奮(´艸`*))

明日は全国的に寒いようですが、寒さに負けず良い一日を!(´▽`)ノ

カメラ撮影機種

Nicon D7000
レンズ: AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR


あし別館

◆写真ブログ『わたしが、見たもの』
 http://ameblo.jp/cantando/

◆ツイッター
 https://twitter.com/saya_sao

◆心の病の闘病記録『窓のそと』
 http://peaceful-days.seesaa.net/
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。