outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

どこいった。

見えない蝶々

蝶が飛んでいた。
ほんとだよ。
ほんとだよ。

映っていないけれど
ほんとだよ。

探していたものは
いつだって
ものすごく そばにあるの。
なんでだろ?
見えないの。

もしや 私を試してる?
さあ、おまえに見つけることができるかな?って
息を殺して 謀られてる?

それなら 私はちゃんと見つけるよ。
時間をかけても 見つけるよ。
確かにそこに あったんだから。

あったんだから。
ほんとだよ。


10月2日に撮った写真と、10月7日に書いた詩です。
近所の畑で撮った写真を見ていたら、ぱーっと一気に出てきた言葉達なのですが、これものすご~くワタシらしい詩です。
意味なく写真に写ってないものを「見た!」って主張してると思ったら、突然途中で話題変わってるし。
話題が変わった!と思ったら突然立ち向かうような・・挑むような目線になったり。
詩の持っている空気が『sao自身』って感じなのです。
でも知らない人が読んだら意味不明ですけどね。(ノω`;)ペチッ
読み返してみると、記憶喪失になった時のこととか、子供の時の思いとか、どんな難問も乗り越えてやるーって気持ちなんかも読み込まれてるっぽいです。

「ほんとだよ?」は、小さい時からの口癖。
自分に自信がないのと、相手に伝わってるのか自信がないのと、「またこの子変なこと言ってるわぁー」的な顔で見られることが多かったから。
嘘と思われてるって感じてるわけじゃないんですけど、今でも頻繁に言います。
「なんでだろ?」も口癖です。(笑)
今でもワタシの頭の中は「どうして?」「なんで?」と疑問だらけ。
突然食事中に、「濡れ衣(えん罪)はなぜ濡れているのか?」とか言いだします。
そして、それを調べます。
なので我が家では、万年3歳児と言われています。(ノω`;)ペチッ

お母様。30年近くいつもうるさくてごめんなさい。
面倒くさい娘でごめんなさい。
ボケ予防と思ってください。o(*_ _)oペコッ

明日も良い一日を!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。