outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

秋の行進

秋の行進

ひとりも 楽し
いっしょも 楽し
うでふって歩け
行進だよ。

どんどん お空が高くなるよ。
涼しい風が 秋色の
ごはんのにおいを連れてくるよ。
木も色づき支度 はじめるよ。

どんぐり蹴っ飛ばせ!
わくわく わくわく!

足音聞いた者は、後に続けよ。

うでふって歩け!
うでふって歩け!

秋のお通りだよ。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

2009年9月の半ばに書いた詩と、2009年10月19日に公園に行った時に撮った写真です。

なぜでしょう??
秋って、胸はって歩いているように感じます。
いや、秋が胸を張って歩いているっていうイメージ自体おかしいのかもしれないけれど。(´∀`;)
もし、絵本の世界みたいに季節の王様がいるとしたら、春は花、夏は入道雲、秋は背が高く堂々とした木、冬は大地というイメージがあります。
春に花咲いたものや植えた物が、秋に実って収穫の時期を迎えて。
どの季節よりも、どっしりと豊かで堂々としたイメージ。
それと、どんぐりひろいや、おいも掘り、紅葉狩りなど子供の頃わくわくした気持ちを詩にしてみました。

明日も良い一日を!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。