outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

いつでも何か見えるもの

靴先の花

ふせた瞳に 靴先ばかり うつる時、
人の行きかう 道端の
小さな花の美しさに
わたしは ふっと気づくんだ。

顎をもち上げ 青空ばかり 仰ぐ時、
空を渡る 鳥の羽音に
ひとりじゃないと 気付くんだ。

一本道の 前を見るしか 叶わぬ時、
あなたが 向こうから来たことに
わたしは はっと気付くんだ。

嘆いて 明日が見えなくなっても
まつ毛に からまる 涙の粒が
心の隅に 希望があること
光って教えてくれるんだ。

いつでも何か見えるもの。
気づかれるのを 待っている。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

2009年の9月に書きはじめて 今日出来上がった詩と、2010年11月19日におでかけ帰りに家の前で撮った姫蔓蕎麦(ひめつるそば)の花です。
このお花、かわいくて大好き。(*´▽`*)
そして、とっても力強い。
コンクリでも、プランターの中でも良く育つ。
見ていると元気をもらえます。

詩は、落ち込んでることに落ち込まないでというメッセージを込めてみました。
前を向いても 横を向いても 上を向いてもつらい時ってありますよね。
そんな時は、首を楽にして間近のやさしくて美しいものをぼーっと眺めてみたらいいのかもしれません。
何か物音が立った時、パッと反応できるように、耳だけは寝かさないで。
そんなふうでいい時も、きっとあると思うのです。

どんなに苦しい時も、マイナスなことしか起きてないと感じる時も、小さな幸せは起きているはずなんですよね。
それに気づけるか、気づけないか。
あとで振り返って気づいても、気づければいいと思うんです。
遅いってことは絶対ない♪( ≧∇≦)b
ワタシは勝手にそう思ってます。(笑)

お~、なんか寒くなってきました。
明日も良い一日を!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。