outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

なかせてよ

さくら

なきたいよ
なきたいよ

桜の下で
泣きたいよ。

桜越しに 眺める空は
より青く より高く。

人も空も
美しい花に見とれて
気付かぬふりを してくれるから。

涙があふれ出ることを
望まなくなるまで。

泣きたいだけ
泣かせてよ。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

2009年の春に書いた詩と、2010年4月12日に近くの川沿いの桜並木で撮った写真です。
元は、2009年3月に撮った桜の写真でブログに載せた作品なのですが、詩の内容的にも今年撮った桜の写真の方が合う気がして替えました。

桜って、あんなに美しいのにどこか寂しげ。
梅は、なぜか色っぽいと感じます。

今年はたった1度しか桜の写真を撮りに行けなかったのですが、例年以上に儚げに見えました。
見上げてる人間が、悲しい気持ちを持っていたせいだとは思いますが。
帰りに、緊急地震速報が鳴り一気に現実に引き戻されました・・。(´ー`;)))

来年は、もっと色んな桜を見に行けるといいな。
明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。