outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

ランドセル

赤いランドセル

「父さん待って!」と言うたびに
カタカタ鳴るよ
ランドセル。

わたしの足がおそいのは
真っ赤な大きなランドセル
とっても重いせいなのよ。

一人でおうちに帰れるけれど
父さん待って。
ほうら、桜がきれいに舞って
見てよ 見てよ と言ってるよ。

父さん待って。桜が舞ってるよ。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村


写真は、2010年4月6日に川沿いの桜並木にお花見に行った時に見かけた光景です。
入学式だったのかな?
河川敷の桜の下を歩くランドセルの女の子とお父さん。
その光景があまりに愛おしく詩にしてみました。
お仕事の時よりはゆっくり歩いているだろうお父さんと、小走りにお父さんの背中を追う女の子。
「待って!」と言っている声が聞こえたわけではないのですが、そんな感じだったので。

この河川敷はワタシの大好きな場所で、そこで見かけた温かい光景を詩にするのが楽しみでした。
今年も同じ場所に行きましたが、もう散ってしまっていて。(ノ_・、)
あたたかく優しい光景は撮ることができませんでした。

明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。