outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

ねえ、セコイアじいさん

大きな樹の下で

おじいさん、 おじいさん
なにか、おはなし聞かせてよ。

あなたの木陰で 人々がかわした
ステキで やさしい物語を。

ありきたりだけど
あたたかくて、
うらやましいけれど
いやじゃない。

そんなやさしい物語を。

あなたの声が 聞こえたなら
それは 深くておだやかな
子守唄のような 声なのでしょう。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

2009年6月26日に近くの大きな公園で撮った写真です。
ワタシの大好きなメタセコイアの樹。
ものすごく大きくて、まっすぐで、あたたかい感じのする樹です。
ワタシには、この樹が「ホウ、ホウ、ホウ」とサンタさんのように笑うおじいさんに見えるのです。
懸命のっぽの木という詩の写真は、この樹の秋の姿なんですよ。

この樹には、自然と人々が集まります。
おじいさん、おばあさん、サラリーマン、学生さん、小さな子供とお母さん、妊婦さん、ワタシ。
一見みんな普通ですが、様々な思いを胸に抱えているのだろうと思います。
公園の中でここほど、人々が穏やかで柔らかい表情で休んでいる場所はありません。
きっとこのセコイヤにとっても、それは自慢なんだと思います。

明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。