outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

たいくつ

退屈な花

下を見れば たいくつで、
横を見れば きゅうくつで、
空見上げれば ひくつになって、
屈して
くるくる 巻かれるのは、
梅雨だからと
言い訳をする。

灰色のため息 数えて、
同じ色の花の中で
息苦しさと引き換えに
安心を得る。

こんな私は
もういやだなあ。

人に嘘をつくのが罪なら
自分につく嘘は何?

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村


今年の5月25日に撮った写真と、それに合わせて6月に入ってから書いた詩です。
近所の畑の無人販売所のお花。
鮮やかなオレンジ色で、明るくてかわいい花です。
でもこの写真、ワタシにはお花が退屈そうに見えました。
「あぁ~、かったりぃ~」って、なんかうずうずしている感じ。(笑)
なので女子校に通っていた学生の頃を思い出して、鬱々とした悩みを詩にしてみました。
現在ワタシは病気療養中で、何のグループにも属していないので(あ、家族ぐらいですね。)このような悩みはありません。でも学生の時のワタシは、個性的で変な子と思われるタイプだったので、かなり悩みました!

人につく嘘は、一瞬で過ぎ、消える物もあります。
でも自分につく嘘は、なかなか消えない。
埃のように、溜まってこびりついていくような気がします。

とっても苦しかったから。
変な人と思われても、今は正直に生きようと思います。
気にしなぁーい。ヽ(´▽`)ノ

明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。