outside my window **

ありふれた、ごくごく身近で普通の小さな幸せ写真とやわらかい詩の展示場
Posted by sao

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sao   0 comments

のりこえる

優しい足音

忘れなくていい。
傷ついた日のことも
おそろしいと思ったことも。

それを 心の芯にして、
いつでも、ぶれない芯にして、
前を向いて 歩いて行こう。

この先 目の前に現れる
すべての山も、すべての谷も、
私のこの小さな足で 登っていこう。

土の温かさを踏みしめながら、
一歩一歩
つよく優しい 足音響かせて。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

台風すごかったですね。皆様ご無事でしょうか?
我が家はちょっと危機的状態でした。
近所の家の屋根の一部(2mくらいの細長いトタン)が風で壊れてしまい飛びそうで、ワタシの部屋が直撃を受けそうだったのです。(((( ;゜▽゜)))
ぶんぶん動いている所を見ちゃったのでかなり怖かったですが、我が家への被害はありませんでした。

今日の写真詩は、2009年9月に書いた詩と、2009年の4月に撮った写真です。
嫌なことや悲しいことを忘れられなくてもいいから、それを心の強さにして進んでいこうという、自分に向けて書いた前向きな詩です。
土の温かさというのは、支えてくれる人の温かさのことを指しています。
写真は、桜のじゅうたんを歩く人の影です。
光の関係で、金色に輝いて見えます。加工なし。

どんなトラウマでも、悲しい事でも『のりこえる』=『忘れる』ではないと思います。
何事もなかったかのように、何も感じなくなっちゃう事でもない。
思い出して涙してもいいんだと思います。
ワタシの人生の大きな出来事の一つとして、その出来ごとに乗っ取られないこと。
引きずらない事。なるべく心穏やかでいれること。
それで十分なんだと思っています。

9月は悲しいことが多かった月です。
祖父の命日、愛犬の命日、アメリカの同時多発テロ、そして震災から半年目。
寂しい気持ち、怖い気持ち、悲しい気持ちを心に抱きながら、今年も心穏やかにお祈りします。(。-ω-)人
(特に信じている宗教はないし、スピリチュアルなことは分からないので、世界中の神様とすべてのご先祖様に祈ります!)

明日が良い一日でありますように!(´▽`)ノ
小さなしあわせ訪れますように
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。